赤ちゃんには安全なミルクを飲ませたい

赤ちゃんのミルクは、お母さんが一番気にかかることのひとつではないかと思います。母乳がいいと分かっていても母乳が出ない。仕事に復帰するので最初は母乳でも、ミルクと混合にする。ミルクで育てると頭が良くなると言われた時代があったらしい。ミルクメーカーの営業戦略だったのだろうか、今ではそんなことを言う人は誰もいない。病院で出産すると退院する時に、大きな缶に入ったミルクをプレゼントされることがある。これもミルクメーカーの営業戦術なのだろうか。そういえば最近、ミルクのコマーシャルを見なくなった。なぜだろうか。丸々太った可愛い赤ちゃんが登場していた記憶がある。紙おむつのコマーシャルも少なくなった気がする。もうほとんどの乳児がいる家庭は紙おむつを使用していて、お金をかけて宣伝する必要がなくなってきたということなのだろうか。粉ミルクは乳児に与えるものなので安全性が一番だ。男の子は飲みっぷりが良く、哺乳瓶でぐんぐん飲む。哺乳瓶を消毒したり、お湯を準備したり、もちろんミネラルウォーターもたくさん必要になる。ミルクは手間とお金がかかる。出かける時も準備して出かけなくてはならない。ミルクはメーカーによって味が微妙に違うのだろうか、別なミルクで飲ませると飲まない時もある。昔、ミルクにヒ素が混じって問題を起こした会社は今でも悪いイメージを引きずっている。ミルクからセシウムが検出されたと報道があったが、国は徹底的に検査してして欲しい。